事業を始める前の条件|介護ソフトのココがスゴイ!今や有料老人ホームになくてはならないアイテム

事業を始める前の条件

手

配置主体というのがある

特別養護老人ホームと違い、有料老人ホームの場合は株式会社という名目で事業を立ち上げることが可能です。その条件として、信頼できるくらいの経営力があることが求められます。すると、地方団体や社会福祉法人、財団法人という様々なところで設置主体になれます。

立地もチェックしよう

有料老人ホームを作る前に、入居者が健康的に長く暮らしていけるかどうかを視野に入れるべきです。細かく言うと交通便が発達しており入居者の家族が気軽に訪れることのできる立地であることです。また、賃貸にて事業を始める際には安定した契約ができるかどうかが決め手となります。

事業に伴う必要な設備

  • 個室の場合10㎡以上の床面積が必要
  • 洗面台
  • トイレ
  • 食堂やイベントや憩いの場となる部屋
  • リハビリ室
  • 医務室(健康を管理するスペースでも可)
  • 入居者の汚物を処理する部屋
  • 従業員の休憩スペース

準備することは沢山ある

いかに入居者が快適に生活できるかにかかっているため、立地条件や設備の充実性には力を入れる必要があるでしょう。実際に施設を訪れてみると事業に役立つ情報が見えてくるので見学がおすすめです。

広告募集中