事業内容に合わせて選ぼう|介護ソフトのココがスゴイ!今や有料老人ホームになくてはならないアイテム

事業内容に合わせて選ぼう

男女

目的別で使えるのが嬉しい

一口に介護と言っても、訪問看護、訪問介護、訪問リハビリ、通所リハビリ、訪問入浴などいろんなサービスがあります。例えば訪問介護だったら請求データにおけるミスを防止できる機能や、混在する介護保険を一つに管理する機能があると非常に便利です。さらに、スタッフ同士で共有するスケジュール管理機能がついているとやるべきことを見える化できます。

事業に関するサポートにも精通している

有料老人ホームを経営するにあたって面倒なのが費用関連の請求です。その代行をするサービスがあるので忙しい時こそ頼るべきでしょう。このサービスでは、請求及び、入金データの管理や払い戻しの手続き、そしてソフトのエラーも嫌な顔をせず対応してくれます。ASPの介護ソフトを使いなれていない場合や、事業したての時にとても役立ちます。

必要な機能を自由にカスタマイズできる

スタイリッシュなASP型の介護ソフトですが、足りないとなった場合オプション機能を付け加えることができます。数も多いので、状況に応じて上手く組み合わせていきましょう。

あると嬉しいオプション機能

勤怠

介護業界で働くスタッフの勤怠はもちろん、タイプに分けてカスタマイズが可能です。より便利に使うならスケジュール機能と連動させることができます。すると、給与計算を便利に行なうことができます。

業務に関するオプション

始めに計画した内容をしっかりこなしているか、通所介護や訪問介護でどのくらい売り上げがあるのかなどのデータをオプション機能にて管理することができます。さらに、出力にて売り上げを表示できるためチェックも簡単に行なえるでしょう。

一時金を預かる時に便利なオプション

受付情報や入居に関することまで一律で管理できる便利なオプションです。入居者の基本情報と運用状況も、オプションで便利に確認できます。一時金に関しては、自由に金額を設定できるため使い勝手が良いでしょう。請求額を自動で計算するので電卓は不要です。

介護ソフトを愛用している人の声

管理しやすくなった

介護ソフトを導入してよかった点は、いちいち自分たちで入力作業をしなくて済むこと。スケジュールと勤怠が連動するオプション機能は、事務を行なう者にとって大変助かるものでした。作業効率もよくなったし、導入する前よりはかどっています。

使いやすいの一言

ソフトって複雑な機能ばっかりついているから使うの躊躇ってしまう。でも忙しい施設だと半数くらい導入してるとか言わていますよね。うちも最近入れたんですが、売り上げや一時金などお金に関する表が見やすくて良かったです。また、シンプルな作りなので、操作が苦手な人に良いと感じています。

広告募集中